知っておきたいFXのデメリット

最近、話題になっているFXですが、どんな取引かは知っていますか。
外貨の取引ですが、レバレッジを利用することで、自分が手元に持っているお金の何倍もの額の取引をすることができるんです。
外貨預金でも日本の銀行に預けるよりも多くの利子を得ることができますが、FXのほうがもっとたくさんの利子を受け取ることができます。
このレバレッジがメリットなのですが、デメリットにもなってしまうんです。
FXで取引するためのお金を証拠金といいますが、この証拠金を何倍にもして取引できるということは、大損する可能性があるということは、想像できるでしょう。
あまりにも大きな損をしないために、予防策もあるんです。
警告をしてもらうこともできます。
FXは、外貨を使った取引ですので、円高円安と大きな関係があるんです。
政治と大きな関係があるといっていいでしょう。
円高円安の読みを間違えてしまって、大損するという可能性が十分に考えられます。
メリットも多いのですが、デメリットもあるので気を付けなくてはなりません。
特に、レバレッジです。
大きく利益を得ようとして、レバレッジの倍率を高くするとうまくいけばいいのですが、下手をするとかなりの損を出してしまいます。
FX会社では、それぞれでロスカットの基準を設けているようです。
自分で損を防ぐこともできますが、FX会社のほうでも損をなるべく防ぐようにしています。
デメリットがあることを念頭におけば大損はしなくて済むでしょう。