FXは電子書籍で税金対策

FXで得た利益の確定申告は雑所得という種類になります。
自宅で手軽に出来るとは言え、儲けた分はそのままにして良いというわけではありません。
FXで通貨取引決済やスワップ金利で得た利益には所得税が課せられる事になっています。
ただし損益を出し利益と相殺した場合には純利益として加算されませんので、
所得税も課せられません。
一定の利益を上げた場合には確定申告の必要がでてきます。
税率は高めとなっていますので頭を悩ませるところでもありますね。
ただし年間の利益額が20万円を下回る場合には所得の申告の必要がなくなります。
現在の証券会社であれば、その殆どが電子書籍にて個々の利益や損益、つまり
年間の取引内容を管理していますので、申告する側である私達がやるべき事は
この電子書籍をプリントアウトするなり、書き写すなりをして市役所に持って行けばよいだけという流れになっています。
しかしただ持っていっては額面のままの所得税を課せられ次年度の住民税等にも
大きく影響を及ぼしますので必ず節税は行いましょう。
まずFXをするのにはインターネットが必要ですので、月々のインターネット回線利用料、
ならびにプロバイダ契約料金等の領収書は取っておくようにしましょう。null
その他にもパソコンを買い換えたりFX取引に必要な有料ソフトの購入、文房具等の
筆記用具の購入費用等、全ての領収書を取っておいて、これらを必要経費として
市役所に陳情しましょう。
余程の事がない限り認められる筈です。