私なりのFXの税金対策

FXの取引をする場合、
必要な経費というものはあまり見当たりません。null
参考とする書籍や通信費ぐらいなのではないでしょうか。
それでも、少しでも税金を少なくするには、
それらの経費を忘れずにメモしておくことが大切です。
投資セミナーなどに参加されたのなら、
参加費だけでなく交通費なども経費になります。
少ない金額でも集まればそれなりに節税になります。
私はFXが好調だった時に、
個人事業主として届け出をしました。
青色申告の現金主義なので、
帳簿などは家計簿に気が生えたぐらいのもので大丈夫です。
それでも所得から10万円の青色申告特別控除額を差し引くことができます。
自分で複式簿記をできるという方は、
現金主義ではない青色申告にすれば、
65万円の青色申告特別控除額を差し引くことができます。
これはかなりの節税になるのではないでしょうか。
私は複式簿記を自分でするのは難しいと考えたので、
現金主義の届け出をしています。
それでもかなりの恩恵を受けています。
もし、FXの利益が20万円を超えるようなら、
経費などをしっかり控えておきましょう。
その経費を差し引いてもFXの利益が20万円を超えたとしても、
無職なら基礎控除の38万円があります。
つまり無職ならFXの利益から経費を差し引いて58万円までなら、
税金を納める必要はありません。
ただ、もしもの時のために経費を控えておくことは大切です。
これだけでかなりの方が税金を払わなくてもよいのではないかと思います。