税率が高いFXは賢く節税しましょう。

FXにおいての利益は「雑所得」扱いになるので、本当に税率が高いです。
最大で50パーセントもの税率がかかるので、かなり高いです。
でも、税率が高いFXは節税も出来ます。
まず一番に思いつく節税方法は、税制が優遇されているFX業者を利用する事です。
そういう業者を利用すると税率は一律20パーセントです。
ですので、大きく利益を出せる方ほど税率の面で得です。
FX業者の特色を利用した投資方法をしていたりしてどうしてもそういうFX業者を利用できないところは、税制が優遇されていない業者を利用して、そうでないものに関しては税制が優遇されている業者を利用するというだけでも節税になります。
あとは、「寄付金控除」を利用するという手もあります。
せっかくの利益を一部寄付する事で節税になります。
寄付される側も嬉しいので、双方に嬉しい良い制度だと思います。
さらに大きく稼ぎ出す自信がある方でしたら、思い切って起業することを考えるのも良い選択です。
起業することで税制などが優遇される事もありますし、今はレバレッジ規制がかかっていますが法人化することでそれの対象外になります。
大体起業した方がメリットが大きくなる年収は800万円以上が目安だそうです。
それ以下の年収ですと、起業にかかる費用などであまりメリットがなくなってしまうことがあるそうです。
税率が高い雑所得でもこれだけの節税方法があるのですね。
私はまだ少額しか稼げていなくて税金もかからないほどですが、今後の為に参考にしようと思いました。