儲かった利益をなるべく手元に残す方法

FXの税率は2012年になって一律20%に一本化されました。
この数字を見て思うのはFXで儲ければ儲けるほど税金が優遇されることです。
年間で20万円以上の利益が出た方が納税の必要が生じますので利益が20万円であろうと1億円であろうと儲かった分の20%は税金として支払わなければなりません。
ですが税率は一律ですから圧倒的に儲かった方はお得感がありますよね。
そこでなるべく儲かった利益をお手元に残す方法を伝授しますので是非参考にしてみて下さい。
まずはFXの取引には取引や情報収集をするためにパソコン、雑誌や本そしてセミナーなどに足を運ばれる方もいるでしょう。
こういった経費はFXの取引のための必要経費として計上することが出来ます。
とはいってもパソコンや取引のために使用された回線料の全てが認められているわけではなくあくまでもFXの取引に使用された分だけが必要経費として認められます。
書籍やセミナーは全額認められるので申告するためにも領収書はきちんと保管しておいて下さい。
またあなたがFXの取引で生計を立てたりしていて取引のためのマンションやアパートの一室を借りているのでしたらこの家賃も全額必要経費として認められます。
さらにあなたがFXの取引で得た利益が500万円程度以上コンスタントにあれば思いきって法人化にすることも節税対策になります。
まず法人化にすることで給与所得控除を受けることがでます。
会社があなたに給与を支払っている形に出来るからです。null
個人の場合FXで出た損失は3年まで猶予されますが法人にすると7年間も繰り越すことができるのです。
他にも法人化にすることで節税に対する様々なメリットがあります。
ですが法人化にする以上常に多くの利益を出していないとあまり意味がないので設立する際には長いビジョンを持たれた方が良いです。